本木昌造・活字復元プロジェクト

1999年、諏訪神社に献納されていた種字を調査・保存しようという動きが起こり、長崎県印刷工業組合および本木昌造顕彰会を中心に「本木昌造・活字復元プロジェクト」が立ち上がります。明治と同様の技法で、新たに種字を彫刻し、「蝋型電胎法」による活字鋳造の工程を再現し、金属活字を復元しました。その復元した本木活字を展示。