長崎活版巡礼展、はじまりました

「長崎活版巡礼展」@長崎県美術館。おかげさまで週末、大変多くの方に足を運んで頂きました。

一日の時間のうつろいとともに美しく豊かな表情を見せる長崎県美術館に出来た架空の活版所「出島活版所」。そこで土曜日は、好きな言葉、10文字活字を選んでもらい、ピンセットを使って植字、そして印刷体験をして頂きました。日曜日は「ナガサキリンネ」に参加しているデザイナー・イラストレーター(古賀正祐坂本奈津子宮崎友理子はしもとゆうき)の図案を元に、クリスマスカードを印刷しました。県民の皆様初め、多くの方々に長崎から始まった文化に触れる場を設けることができ、大変嬉しく思っております。

今週土曜日も13時〜14時半、15時半〜17時まで随時受付で文選、組版、印刷の体験ができますので、ぜひに(日曜日は申込制となりました)。以下、先週末の様子です。

長崎から始まった活版印刷。再び、長崎の街に活版の灯火が灯りました。
今は架空の活版所ですが、そう遠くない未来に、
新しい長崎の風景となるような「出島活版所」が出来ることを願って。