第4回ナガサキリンネ

トーク2「人が集まる場をつくる」

10424985_577271522376989_8893210607425605875_n1268549_202605833251124_1085733249_o

多くの人が価値観の転換を迎える現在、次の時代へと向けての創造力、情報、文化をつなげるべく人々が交わる拠点(ハブ)としての場づくりが同時多発的に起きています。五島市でコミュニティカフェをプロデュースするデザイナー有川智子さんと、長崎の魅力を伝える写真共有コンテンツ「Nagasaki365」を手がけるウェブディレクターの久保圭樹さんのお二人をお招きして、人と場の交わりがもたらす力や、地域が秘める可能性を、一緒に語り合っていきます。

日時
11月9日(日)13時半〜

会場
長崎県美術館 屋上※会場は変わる可能性があります
※雨天の場合館内へ変更

参加費  200円(全てのトークとナガサキリンネ展の入場可能)
お申込  当日先着順(会場が定員に達した場合、お断りする可能性があります。予めご了承ください)

話し手:有川智子(デザイナー/草草社)×久保圭樹(ウェブディレクター/(株)ネットビジネスエージェント)
聞き手:古賀正裕(グラフィックデザイナー/古賀正裕デザイン)

有川智子(デザイナー)/五島市生まれ。9歳から長崎市で育つ。大学院卒業後大阪で住宅メーカーの研究所に勤務。2011年、家族で五島市・福江島へ移住。島内の企業や商工会、行政の広報デザインや商品作りのほか、まちづくりにも積極的に関わっている。自身が手掛けたコミュニティカフェ「ソトノマ」は、地域の新しい日常として、五島の魅力を力強く発信している。草草社代表。https://www.facebook.com/sotonoma

久保圭樹(ウェブディレクター)/長崎市生まれ。200社以上のWebマーケティング戦略の立案やサイト制作、コンサルティング、セミナー を実施。企業のブランディングサポートを行っている。主な仕事に「Nagasaki365」「メイド・イン・ナガサキ」など。株式会社ネットビジネスエージェント代表取締役。http://www.nb-a.jp/