素材の力「私たちの作る陶磁器-ヒトとモノの間に」



44452557_306892533458853_3830929997023936512_n

素材の力「私たちの作る陶磁器-ヒトとモノの間に」

[会場] 長崎県美術館 アトリエ
[時間] 3日/10時から17時まで、4日/10時から16時まで
[企画] coffee&clayworks笠 竹下梨沙
[協力] 第6回ナガサキリンネ出店者、ART TRUE FILM、松貢陶土有限会社、水谷陶土
[内容] 下記

「モノ」と「ヒト」の間にある、時には見過ごされてしまいそうな、しかし確かに存在する豊かな世界を、具体的な物を通して知るきっかけを作ります。本年は「陶磁器」をテーマに、材料となる粘土や釉薬の原料、そのテストピース(試験品)の展示とともに、ものが生まれる瞬間の「つくり手の頭の中」を覗きます。創造の断片でありイメージのはじまりとして、つくり手が描くスケッチをはじめ、実際に使用している道具や材料を「見て」「触れて」「知って」いただく展示品は、第6回ナガサキリンネの陶磁器を生業とする出店者から現物をお借りします。このほか、会場内では沖縄のやちむん(焼物)の窯元である「北窯」のドキュメンタリー映画、「あめつちの日々」から土作りのシーンを抜粋して上映します。