ドキュメンタリー+フィクション映画
The Postman From Nagasaki 長崎の郵便配達(仮題)



2年前の第4回ナガサキリンネで上映させて頂きました、映画「あめつちの日々」のART TRUE FILM 最新作が、今年の夏、長崎とパリで撮影されました。映画を作ることも「つくり手」であり、「つなぎ手」です。この作品は、私たち一人一人が「つなぎ手」として、次の世代に繋いでいきたい作品でもあります。
ナガサキリンネでも応援していきたいと、当日は映画案内のブースを設けています。
今回は、ART TRUE FILM の川瀬監督に映画紹介のブログを書いて頂きました。

33

ドキュメンタリー+フィクション映画 
The Postman From Nagasaki長崎の郵便配達 (仮題)

 
 ピーター・タウンゼントが書いた「長崎の郵便配達」という書籍があります。この本は1984年にイギリス、フランス、日本でも続けて出版されましたが絶版となっていました。内容は第2次世界大戦時に長崎で原爆被害にあった少年の生き様を描いたドキュメント小説です。現在、この本をもとにしたドキュメンタリー+フィクションの映画を製作中です。

 著作者は元英国空軍大佐という経歴の持ち主で、マーガレット王女と大恋愛の末、英国ロイヤルファミリーの反対にて決別。このロマンスは大ニュースとなって世界に伝わりました。その後英国を出国。英国を出た彼は車一台で世界旅行を実行します。各国を巡り人々や文化に触れた経験は、戦争被害にあった子供達の物語を執筆するきっかけとなり「長崎の郵便配達」に繋がります。

 この映画はピーターが1982年に取材し歩いた長崎を、娘のイザベル・タウンゼントが旅をします。彼女にとって初めての長崎。本のモデルである谷口稜曄さんが居た場所です。彼女は長崎の人々と出会い、父が取材で歩いた道を歩き、父が人生をかけてフォーカスしていったテーマを体感し紐解いていくのです。

 

本作では今冬にもクラウドファンディングを開始する予定で準備が進められています。映画の完成をお待ち頂きたく思います。

川瀬美香
ART TRUE FILM

nagayu_film_chi_oc8_2018_hh_2

476
(C)ayumi sakamoto