2015年ナガサキリンネカレンダー 「長崎の花」 




ph_20141015_2

こんにちは。ナガサキリンネのメインビジュアルのイラストを担当している坂本奈津子です。1回目から引き続き、今回もイラストや書籍「ナガサキリンネ」の中の写真を担当しています。そして今回は初めてクラフト&フードマーケットで、自分の店「からすみ茶屋 なつくら」として、いち出展者としてもマーケットに参加します。11月8日(土)9日(日)に行われるマーケット会場で、皆さんと会場でお会いするのを今からとても楽しみにしています。今日はまもなく販売がはじまるナガサキリンネカレンダーでも使われている、私が描いたイラストの話をさせてください。

「長崎の花」

ごく当たり前の日常の中に存在する長崎のいろ、かたち。
ひとそれぞれの長崎、ながさき、nagasaki。

今年の、メインビジュアルとして描いた長崎らしさは、架空の紫陽花です。書籍、そしてカレンダーとしてかたちになりました。私の描くものの殆どは、日常目にしたり触れているものばかりです。だから
とても小さな長崎のいろ、かたちばかり。

今回の架空の紫陽花は、毎年紫陽花の季節になると訪れる、興福寺の山紫陽花が原型となっています。
同じ頃、中島川沿い、眼鏡橋周辺に飾られるたくさんの新種の西洋紫陽花も華やかで、町並みと紫陽花が調和して素敵なのですが、ひっそりと、厳かに佇む山紫陽花を知ってからは、私の好きな長崎らしさは、この山紫陽花になったようです。

人それぞれに想う長崎があります。

ナガサキリンネに集う人々が、この架空の紫陽花を眺めた時、ほんの少しでも、長崎のことを思い出してもらえたらうれしいです。そして、赤と青の「がく」ひとつひとつをよく見てください。輪郭がはっきりとしていないのがわかるとおもいます。滲んでいるんです。これは、長崎の手漉き和紙、湯江紙に描いたから。
こんなところでも長崎らしさを感じてもらえたら。

ナガサキリンネ デザインチーム
坂本 奈津子

11月5日からはじまるナガサキリンネ会場で販売を前に、ナガサキリンネスタッフの店で先行販売を行います。(今のところ20日までには販売スタートできる予定です。発売日はそれぞれのお店のブログなどでご確認ください)


2015年ナガサキリンネカレンダー「長崎の花」
価格:¥500
大きさ:A2サイズ(横420×縦594mm)
イラスト:坂本奈津子
デザイン:中川たくま
※このカレンダーの収益は、ナガサキリンネの運営資金として活用させていただきます。ご支援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

10月中旬先行発売開始 
先行販売店舗:ナガサキリンネ事務局(List:)・ティア長崎銅座店からすみ茶屋なつくら珈琲人町ゆとり炉・陶芸教室まなび屋・井手蒟蒻店
*11月5日(水)からはじまる「第3回ナガサキリンネ」会場でも販売いたします。

ph_20141015_1