2014年エントリースタート!



IMG_6920

既にHPやFacebook等でお伝えしています様に、第3回ナガサキリンネは秋の開催となりました。春を迎えると共に少しずつ準備も本格的にはじまり、いよいよ本日4月9日より「クラフト&フードマーケット」の出展エントリーの受付をスタートいたしました。今回も沢山の方に見て頂ける様、県内はもとより九州内、全国のご協力店舗にてエントリーシートの配布(配布先リスト)を行なっております。また、公式HPにてシートのダウンロード(pdfファイルが開きます)も可能となっております。6月9日の〆切までの2ヶ月間、新しい方も含め、沢山の方々のご応募をスタッフ一同心よりお待ちしております。

2014年の第3回は、開催場所は変わらず「長崎県美術館」 県指定史跡「出島」の2会場です。全日程は11月5日(水)~9日(日)の5日間で、前年同様企画展やワークショップなどからスタートし、週末8日(土)、9日(日)の2日間クラフト&フードマーケットでフィナーレを迎えます。クラフト出展者の方は、前回同様、長崎県美術館内で予定しております企画展「長崎のつくり手」にて作品の展示を行ない、また開催に合わせて発行する書籍「ナガサキリンネ」でも、出展者の方の情報の掲載をいたします。

今回も「クラフト」「フード」共に公募制といたしましたのは、ナガサキリンネが長崎の名のもとに集う、日々の暮らしをつくる担い手である「作り手」の方々に広く公平に機会が与えられ、透明性を持つ場でありたいと考えたからです。エントリーシートを県内外のご協力店舗、公共機関などに配布し、昨年より広く告知させて頂いております。出展に関してはこれまで通り、離島を含む長崎県内全域で、日々もの作り、食に携わっていらっしゃる方を中心となりますが、その他にも長崎出身など長崎にご縁のある方と繋がる「おかえりなさい枠」、そしてナガサキリンネに共感して頂ける県外の方もご紹介する「県外枠」も継続し、新しい出逢いの場、様々な方たちとの交流の場になればと考えております。

ナガサキリンネの根底に流れる理念である“自分たちの暮らしをつくるのは自分である”と言う自立の精神と、“ナガサキリンネは誰のものでもなく、長崎の名の下に集うすべての人たちの場である”という思いを持続可能とするために、私たちは引き続き公的な助成金や企業の協賛金に頼らない自立運営の方法を選択し、模索し続けております。個である私たち生活者たちが主体的に自然と集い、共に考え、思いを巡らし、その先に生まれるものこそが、永続的に自分たちの住むまちへの愛着や誇りにつながり、心からこの町に暮らす事への確かな喜びに繋がっていくのだと私たちは信じております。

ちょうど1年前、暖かい春の陽射しに恵まれた会場には、長崎を愛おしみ心から楽しむ人々の笑顔が溢れていました。新しい試みでもありました長崎県美術館での出展者作品展、企画展、ワークショップも沢山の来場者に恵まれ、学びの場、気づきの場になれたと、第3回を待ち望む声も沢山頂いております。会場での光景を思い起こ
す度、ナガサキリンネは単にクラフトフェアという位置づけではなく、出展者来場者の分け隔てなく、そこに集う全て人たちのものであると深く私たちの胸に刻み込まれております。今年は秋の訪れと共に、皆様と共にまた出島の地で、同じ時間を共有できる事をスタッフ一同心から楽しみにしております。

2014年4月9日
ナガサキリンネスタッフ一同