「振出し」の本焼きをしました。



IMG_6841

第2回ナガサキリンネから間もなく3ヶ月が経とうとしています。「あの日を想い出す石鹸」を担当してくださったSavon de Rinさんの石鹸に続いて、「鋳込みの技術を使って”振出し”をつくる」の磁器の振出しも、もう間もなく参加者の方にお届けできそうです。日曜日、第2回ナガサキリンネのナガサキリンネ展会場で鋳込み職人の木村さんと一緒に作った振出しを、自分の工房で本焼きしました。皆さんが手びねりで自由な形に作った蓋も一緒に焼いて、完成後割れないように慎重に梱包してみなさんのお手元にお届けします。3ヶ月後のお約束だったので、6月末までにお届けできるように頑張っていますので、今しばらくお待ち下さい。(担当:中原真希)